その他お問い合わせ先

lodestar@truestar.co.jp

運営会社

株式会社truestar
truestar activation株式会社

表計算の詳細について:レベルと再開間隔

表計算の詳細について第二段ということで、レベルと再開間隔についてです。 この二つを理解しているかどうかで表計算の利便性は格段に変わると思います。 ただ再開間隔は字面を見ればどんなものか想像がつきますが、レベルは字面を見ても想像がつき難いです。 本投稿ではレベルと再開間隔を簡単な例とともになるべく分かりやすく紹介していきたいと思います。

今回の投稿は前回の 表計算の詳細について:区分の指定と場所の指定 からの続きになります。 前回は表計算の詳細で指定する区分と場所について簡単な例とともに紹介いたしました。 前回を読まなくても問題無い内容となっていますが、細かいデータの設定等については省略させていただきます。 今回も使用するデータはサンプル「スーパーマーケット」、表計算にはINDEX関数を使用しております。

実際に中身を見る前に、レベルと再開間隔とは何ぞやという問題がありますので簡潔にまとめます。

レベル:指定した場所の水準(Level)以上で計算を実行する。 再開間隔:指定した場所の単位で区切って計算を一から始める。

場所と書いてあるようにレベルと再開間隔では場所の指定で設定したものしか使えません。

実際に中身を見ていきましょう。まずは行に地域と都道府県を列に年 オーダー日とオーダー日の月を配置します。 前回のおさらいもかねて、区分の指定に年 オーダー日とオーダー日の月を、場所の指定に地域と都道府県を入れて、 レベルと再開間隔は初期状態のまま(レベル:最も深い、再開間隔:なし)で適用してみます。

 

年と月の範囲で都道府県、地域方向に計算します。

上の例を使ってレベルと再開間隔を設定すると挙動がどのように変化するかを見ていきます。 先にも書いた通りレベルと再開間隔には場所で指定した内容しか選択できません。 上の例のとき初期状態のままだとレベルの中には、

・最も深い ・地域 ・都道府県

の三つが選択できるようになっています。

同様に初期状態のままだと再開間隔には、

・なし ・地域

の二つが選択できるようになっています。

なぜ再開間隔の選択肢がレベルより一つ少ないのか疑問に思う方もいるかもしれません。 再開間隔はレベルより浅い場所しか選択できないためレベルよりも選択肢が一つ少なくなります。理由は後述してあります。興味のある方は読んでみてください*1。

今回は場所の指定に地域と都道府県を指定したので、レベルも地域と都道府県を選択できます。 デフォルトで選択されている「最も深い」は選択肢の一番下を選択したのと同様です。 まずレベルを一番下にある都道府県で実行してみます。

結果は初期状態のときと変わりません。

上でも書いたとおり初期状態で選択されている「最も深い」は選択肢の一番下を選択したのと同様です。 今回の例ですと一番下は都道府県になっていますので「最も深い」を選択したのと変わりません。

またレベルを地域に設定します。都道府県の水準では計算せず、地域水準で計算を行います。 年と月の範囲で都道府県を考慮せず地域方向にのみ計算していることが分かります。

次に再開間隔を設定してみます。

現在の設定では再開間隔は地域しか選択できません。再開間隔はレベルの設定より浅い場所しか指定できないためです。 今の設定でレベルを地域に指定すると再開間隔は設定できません。 レベルを都道府県、再開間隔を地域に設定します。

年と月の範囲で地域と都道府県方向(下方向)に計算を行い、地域の単位が関西地方から関東地方に切り替わった際に計算が初めから行われているのがわかります。

以上でレベルと再開間隔に関して、例が簡単すぎた気がしますが一通り紹介いたしました。

続きを読む 表計算の詳細について:レベルと再開間隔

総計、小計の表示について(追記有)

(Tableau9.2の情報を追記) 今回は初級Tipsです。

Tableauのワークシートで総計や小計を表示する方法を紹介します。

使うデータソースはサンプルストアです。

 

Tableauでは総計、小計を追加して表示する機能があります。

このような表に追加してみましょう。

メニューの分析→合計から行の総計を表示を選択します。

行の総計が表示されました。

メニューの分析→合計から列の総計を表示を選択すると列の総計が表示されます。

小計を追加するにはメニューの分析→合計から全ての小計を追加を選択します。

全ての列、行項目に対して小計が追加されました。

必要のない小計を消すためには当該項目を列、行でクリックし小計のチェックマークをはずします。

Tableau9.03現在では個別に小計を追加する手段はなく、全ての小計を追加をおこなってから必要のないもののチェックマークをはずす必要があるようです。

また、総計や小計は各セクションの最後に追加(行の場合は下、列の場合は右)に追加されます。

以前から表示位置を変えられるようにする様要望がなされていますが、9.03現在では実現されていません。

http://community.tableau.com/thread/105222(Tableauコミュニティ英語)

総計を手前に表示したい場合はワークシートを分けて、ダッシュボード上で実現する必要があるようです。

<a href=’#’><img alt=’総計小計の表示について ‘ src=’https:&#47;&#47;public.tableau.com&#47;static&#47;images&#47;_3&#47;_3315&#47;sheet1&#47;1_rss.png’ style=’border: none’ /></a>

(追記) Tableau9.2にて総計の位置を上、左に変更できるようになりました!

Tableau_id執筆者:林 周作(Shuusaku Hayashi)

続きを読む 総計、小計の表示について(追記有)

Tableauで複数のバージョンを使い分ける際の小ネタ

初・中級者向けの小ネタです。

Tableauは年に2,3回メジャーバージョンアップしますが、新しいバージョンで作ったファイルは古いバージョンでは基本的に開きません。 そのためエンドユーザーによって、バージョンを使い分けなければいけないシーンがある人は少なくないと思います。

ちなみに、複数のバージョンがインストールされている状況でTableauファイルをダブルクリックすると、直近にインストールしたバージョンで開きます。 (9.3.1を入れた後に9.2.8を入れると、デフォルトのままでは9.2.8で開いてしまいます。)

そんな時に良く起こると考えられるのが以下の二つの事象。

事象① Ver9.2で開きたいのに、Ver9.3で開いてしまった。なので、いったん閉じて、ファイルをドラッグ&ドロップでデスクトップのVer9.2に投げ込んで開き直した。

事象② Ver9.2で保存しなくてはならないのにVer9.3で保存してしまった。泣く泣く作り直した。

ともにイラっとくるシーンですね。そんな時は以下が役立ちます。

事象①の解決策 https://www.microsoft.com/ja-jp/atlife/tips/archive/windows/tips/305.aspx 弊社の林が教えてくれました。地味ですが非常に便利です。

事象②の解決策 http://dev.classmethod.jp/business/business-analytics/tableau-desktop-tips-open-newer-major-version-workbook/ いつもお世話になっているクラスメソッド社のしんや先生が丁寧に解説してくれています。 当然、上位バージョンの新しい機能は戻せないと思いますが、この機能に助けられるシーンは少なくないと思います。

ともに受け売りですが、知らない人には有益な情報であろうということで。

T.Fuji

表計算の詳細について:区分の指定と場所の指定

表計算は使いこなせれば便利なツールになりますが、なんとなく使っていると盛大に躓くツールでもあります。特に表計算の詳細では説明を読んでも区分やら場所やら何のことを表しているのかよく分かりません。

本投稿では表計算の中でも表計算の詳細の挙動について簡単な例を示しながら紹介していきます。内容が多いため二回か三回に分割して投稿します。

表計算の表とペインについては、 「よくわかる表計算の『表』と『ペイン』」 「表計算の細かい挙動について」 に書いてありますのでご参照ください。

本編に入る前に今回使用したデータについて簡単に説明します。飛ばしてしまっても問題ありません。

もし、Tableauを使える環境にいましたら実際に動かしながら読んでいただければより理解しやすいかと思います。

データはtableauに入っているサンプル「スーパーストア」の注文を使用します。 列に年と月、行に都道府県を配置します。 そのままだと少々見にくいので年と地域をフィルターにかけています。

表計算にはINDEX関数を使用します。 INDEX関数は現在いる場所の番号を返す関数です。これを使用することで計算の挙動を追うことが出来ます。

ためしにINDEX関数の計算結果を表(横)で入れて見ます。 そうすると単純に横方向に現在いる場所の番号を返しているのがわかります。

前置きが長くなりましたが、以下からINDEX関数を使った表計算の詳細についての説明になります。

表計算を使用しているメジャーを右クリックしてメニューから表計算の編集画面を表示します。

 

表計算の編集では計算の定義から「次を使用して計算」、「レベル」、「再開間隔」の三つを指定することが出来ます。

詳細を指定するには「次を使用して計算」のドロップダウンの一番下、詳細を選択します。 詳細のメニューには ・区分の指定 ・場所の指定 ・並び替え の三つがあります。 今回は区分の指定と場所の指定について説明していきます。

 

詳細のメニューを開いた初期の状態では行、列、詳細に置いてあるディメンションが区分の指定に入っています。

区分の指定に入っている物をダブルクリックか鏃形(>・<)のボタンで場所の指定に移動できます。場所の指定に入れた物を区分の指定に戻す場合も同様です。

また、場所の指定に入っている物は上へ・下へボタンで順番を入れ替えることが出来ます。

まずは区分の指定にオーダー日の月と 都道府県、場所の指定に年 オーダー日を入れてみます。 下図のように2013年には1、2014年には2が入っただけの結果が表示されます。これは緑で囲まれた範囲(1月の茨城)を年方向(2013年と2014年)に計算しています。

次に区分の指定に都道府県、場所の指定に年 オーダー日とオーダー日の月を入れてみます。 すると、緑の範囲(茨城県)を月方向(1月から12月)かつ年方向(2013年から2014年)で計算しています。これは、表(横)と同じ結果になります。

場所の指定では入れる順番も重要になります。計算の順番は場所の指定の下から上へ順に計算を行います。 一つ上の例の区分の指定を変えず、場所の指定をオーダー日の月、年 オーダー日という順番に変えてみます。 場所を逆にしたので計算は都道府県で年方向かつ月方向に実行されます。 文字に起こすと、茨城県の2013年の1月、2014年の1月、2013年の2月、2014年の2月、2013年の3月…2013年の12月、2014年の12月という順番で計算しています。

これで表計算の詳細の区分の指定と場所の指定について、一通りの機能を簡単な例ではありましたが紹介しました。

 

今回のまとめ:

区分の指定は計算範囲の設定。

場所の指定は計算方向の設定。

場所の指定の順番は下から上の順で計算する。

区分と場所、場所の順番を指定することで、計算範囲と計算方向、計算の順番を設定することができる。

 

次回は

続きを読む 表計算の詳細について:区分の指定と場所の指定

レイアウトコンテナーを使いこなす

レイアウトコンテナーはマニュアルにも記述が少なく、 ダッシュボードを作成する工程で使い方で躓いてしまう方もいるかと思います。 今回はそんなレイアウトコンテナーに関する小技をご紹介致します。

※タイルや水平&垂直オブジェクトをレイアウトコンテナーと呼びますが、  ここではタイルはタイル。水平&垂直オブジェクトをコンテナーと表現させて頂きます。

さっそくですが、Tableauでダッシュボードを作成する際、複数のワークシートを配置して位置を調整しようとすると、 以下のような状態となって、ワークシート毎に位置を調整しなければならない。そんな経験があると思います。

横幅の調整をまとめて実施したい時は対象をコンテナーに入れてしまいましょう。 垂直方向のタイルオブジェクトを選択して、以下の位置へ配置します。

コンテナーを配置したら入れたいワークシートを入れていきましょう。 コンテナー内に移動する場合はワークシートをドラッグした後にマウスオン状態で青い太枠が表示されていることが目印です。

入れ終わったら横幅を調整してみましょう。 まとめて調整可能になっています。

先ほどは”県”に関係するワークシートをまとめたので、 “地域”に関連するワークシートもまとめましょう。

横幅の調整ができるようになったら縦幅の調整もしたいのですが・・・

あれ、コンテナーを表示する青い太枠が二つに分かれてしまうような予感がします。 そのまま操作を終えると、先ほど垂直方向に配置したコンテナーがタイルになってしまいました。

この場合、タイルの中には垂直方向のコンテナーが二つ入っている形となり、 繰り返すとダッシュボード内がタイルだらけになってしまいます。 タイルにはタイルの良いところがあるのですが、今回はこの現象を回避する方法をご紹介します。

縦幅調整を行う前の状態に戻し、コンテナーを選択してから▼のメニューを開くと “コンテナーの書式設定”ができます。

枠線を設定すると、コンテナーに枠線を付けることができます。

 

枠線を付けた垂直方向のコンテナーはタイルになってしまうことはありません。

枠線を付ける操作はタイルに対してはできません。 水平&垂直方向のコンテナーに対してのみ可能なようです。

ひとつのダッシュボードに複数のワークシートを詰め込むような場合、 ワークシートのグループがわかるように枠線が使いたい、と言ったときにも使えそうです。 空白オブジェクト(不動)に枠線を設定して配置するのも手ではありますがあまりオススメしません。

ただこの小技にも弱点があり、コンテナー内のワークシートどうしの幅が自動で調整される為、 すべてのワークシートを意図したサイズにするのに手間がかかる場合がありますのでご注意ください。 その点では水平&垂直コンテナーを使用せずタイル内に収まっているワークシートは、 自動でサイズ調整されない為、扱いやすいという面もあります。

シチュエーションに併せてレイアウトコンテナーを使い分けて、効率よくダッシュボードを作成するようにしましょう。    

Tableau_id執筆者:大井 禎英(Tomofusa Oi)

続きを読む レイアウトコンテナーを使いこなす

文字列の結合方法について(PREVIOUS_VALUEの利用)

今回は文字列結合に関するTipsです。 (使用するデータはいつも通りサンプルースーパーストアです)

特定地域の顧客リストを作りたいといった要望はよくあることと思います。 テキストに文字列を入れると並べて表示してくれますが行、列には置けません。 また、Total等を使用しても、文字列を結合することは出来ません。

そんな時に使用できるのがPREVIOUS_VALUEです。 PREVIOUS_VALUEは前の行の同じ計算の値を返す関数ですが、こちらは文字列でも使用可能です。 そのため、 「PREVIOUS_VALUE(“”)+ATTR([顧客名])」 として表計算を調整することで文字列を結合していくことが出来ます。 ただ、そのままだと下の図のように結合途中のものも表示されてしまいます。

「last()=0」 と計算式をつくると、最後のみtrueになりますので、 こちらを入れて表計算を調整し、falseのものを非表示にすれば完成です。

今回の方法の問題点は、表示していないだけで顧客数分表が出来ている点です。 その為、データ量が多くなると重くなると想像されますのでご注意ください。

Tableau_id執筆者:林 周作(Shuusaku Hayashi)

続きを読む 文字列の結合方法について(PREVIOUS_VALUEの利用)