その他お問い合わせ先

lodestar@truestar.co.jp

運営会社

株式会社truestar
truestar activation株式会社

Alteryxで調査データをTableau用データに加工してみた-Part 2 #Alteryx #16 | Alteryx Advent Calendar 2016

『Alteryx Advent Calendar 2016』スポット参戦シリーズ第五弾です。

Alteryx Advent Calendar 2016 | シリーズ | Developers.IO

Alteryx Advent Calendar 2016 – Qiita

16日目のエントリとして14日目のエントリのPart 2として、大量の調査データをAlteryxでTableau用データに加工してみたいと思います。

ちなみに14日目のPart 1エントリは以下です。

 

様々な国の調査データを比較したかったり、調査データをトラッキングしたいとなると大量の調査データを取り扱うことになります。

Part 1の形のデータベースとなると、データ粒度が回答者IDごとであり、尚且つTableau上では、表計算で回答率を算出するため、データが大きいとTableauのスピードが著しく悪くなります。

そのため、以下のAlteryxワークフローで大量の調査データにも対応できるTableau用データベースを作成してみました。

 

以下でPart 2で追加したツールの詳細を説明します。

 

このSummarizeを入れるだけで、25003行だったデータが、9008行まで収縮できました。約40%の収縮です。

完成したデータはこれです。

 

明日17日目はクラスメソッドさんの『Communityの使い方 』です。乞うご期待!

Kazuki Koebisawa

続きを読む Alteryxで調査データをTableau用データに加工してみた-Part 2 #Alteryx #16 | Alteryx Advent Calendar 2016

ポイントデータ(緯度経度)データをポリゴンデータに紐付けてみる #Alteryx #09 | Alteryx

『Alteryx Advent Calendar 2016』スポット参戦シリーズ第三弾です。

Alteryx Advent Calendar 2016 | シリーズ | Developers.IO

Alteryx Advent Calendar 2016 – Qiita

 

09日目のエントリとしてAlteryxを用いてポイントデータにポリゴンデータを紐付けてみます。

 

例によってデータは国土数値情報さんから取得します。

国土数値情報

 

今回は、医療機関データ(ポイントデータ)に

 

医療圏データ(ポリゴン)を使ってみましょう。

 

 

具体的には、医療機関データには病院などの施設名に住所と位置情報が含まれます。

一方、医療圏データには、病床の整備のために設定された地域領域が含まれます。

参考資料:wikipedia 医療計画

 

医療圏データは、3種類のポリゴン(一次医療圏、二次医療圏、三次医療圏)が含まれていますが、

今回は、医療機関に対して二次医療圏を紐付けてみましょう。

 

完成形のモジュールは以下の通りです。いたってシンプル。

 

左半分の設定内容です。

今回はシェープファイルの文字化けが発生しました。

シェープファイルの読み込み時は文字コードの指定ができないので、[ConvertFromCodePage]ツールでの変換を最初に行っています。

[Spatial Match]では、施設のデータに対して、施設の位置が含まれる医療圏ポリゴンを紐付けています。

紐づかなかったデータはU側にはじかれます。14件ほどはじかれてしまいました。

海に近い施設がポリゴンに含まれなかったり、ポイントデータにも不備がありそうです。

大分県の5施設は海上にプロットされました・・・

Alteryxの[Browse]ツールを使うだけで、エラーも簡単に可視化できます。

このあたりの異常値は本来メンテナンスが必要ですが、今回の趣旨とは外れるのでそこには触れずに進めます。

続きを読む ポイントデータ(緯度経度)データをポリゴンデータに紐付けてみる #Alteryx #09 | Alteryx

Polygon for Tableauを使ってみる #Alteryx #06 | Alteryx Advent Calendar 2016

今回、クラスメソッドさんの運営する技術ブログDevelopers.IOで展開されている『Alteryx Advent Calendar 2016』にスポット参戦させていただくことになりました。

Alteryx Advent Calendar 2016 | シリーズ | Developers.IO

Alteryx Advent Calendar 2016 – Qiita

 

06日目のエントリとしてAlteyrxの『Polygon for Tableau』ツールをご紹介します。

 

過去にもAlteryxのマクロを用いて似たような記事がTableau-idに掲載されています。

Alteryxを活用したShapeFileのTDE化

しかし、現在は『Polygon for Tableau』というツールが標準的に存在するため、もっと簡単にシェープファイルをTableau用に加工できるようになりました。

 

ではまず適当にシェープファイルを拾ってきましょう。

シェープファイルのオープンデータといえば国土交通省の運営する

国土数値情報

です。いつもお世話になっております。

今日は線路の情報を使ってみましょう。

 

 

全国のデータを一括でダウンロードできますが、中には二つのシェープファイルが含まれますが、ここでは線路データとなるRailroadSection.shpを使います。

ちなみに今回取り扱う空間データ(Spatial Object)は、Polygon(面)ではなくline(線)です。

『Polygon for Tableau』を使うとこんな簡単なモジュールでTableauデータソース化が可能です。

 

シェープファイルは下図のとおり、lineデータです。線路っぽいデータが見えています。

 

続いて元データの属性情報(カラム名)を[Select]ツールでRenameします。

 

空間データ(Spatial Object)に[Polygon for

続きを読む Polygon for Tableauを使ってみる #Alteryx #06 | Alteryx Advent Calendar 2016