その他お問い合わせ先

lodestar@truestar.co.jp

運営会社

株式会社truestar
truestar activation株式会社

Alteryxで調査データをTableau用データに加工してみた-Part 1 #Alteryx #14 | Alteryx Advent Calendar 2016

『Alteryx Advent Calendar 2016』スポット参戦シリーズ第四弾です。

Alteryx Advent Calendar 2016 | シリーズ | Developers.IO

Alteryx Advent Calendar 2016 – Qiita

 

14日目のエントリとしてクラスメソッドの川崎さんが以下のエントリでもご説明してくださっていますが、調査データをAlteryxで実際に加工してみようかと思います。

Tableau Conference 2016 at Austin [レポート]調査データを可視化する 2.0 – Data Revelations #data16

 

活用するデータは以下になります。

まずは、数値形式で格納されているデータです。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a35

 

次に、文字形式で格納されているデータです。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

上記、データがない場合もあるかもしれません。

その場合は、以下のようなマスターを作成することをおすすめします。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a34

 

最後に、質問の補足情報が格納されたデータです。

Tableauで加工する際に、必要になる情報です。

「Wording」は、Tableauで、質問の内容を表示するために使い、また、「Question grouping」は、TableauのView毎の単位となります。

このデータは、ほとんどの場合、手元にないと思いますので、同じようなものを作成することをおすすめします。

ただし、「Question Type」については、必須ではありません。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33

 

これらのデータを活用し、以下AlteryxワークフローでTableau用データを作成しました。

非常に簡単なロジックとなっています。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3alteryx

 

以下でAlteryxワークフローのロジックを説明していきます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3transposeptt

上記のようにTranspose設定し、Alteryxを回すと、データの形が以下のようになります。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3transafter

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3selectppt

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3nullppt

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3joinppt

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3joinppt

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3join2ppt

 

完成したTableau用データが以下となります。

横長であったデータがTransposeにより、Tableauが得意な縦型のデータになっています。

また、このような形であれば、Tableauで、デモグラである「Gender」「Location」「Generation」のフィルターをそれぞれの質問のViewに入れることができたり、複数の切り口でデータを見ることができます。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3comp

 

明日15日目はクラスメソッドさんの『Alteryxをさわってみた 』です。乞うご期待!

Kazuki Koebisawa