その他お問い合わせ先

lodestar@truestar.co.jp

運営会社

株式会社truestar
truestar activation株式会社

Tableauで路線図の作成

今回はTableauとAlteryxを使って全国の路線図を作成してみます。

※今回の記事は完璧な路線図を作れているわけではありません。

過去のエントリーでも国土地理院のデータを使って鉄道データの可視化は行われています。 Polygon for Tableauを使ってみる #Alteryx #06 | Alteryx Advent Calendar 2016

今回は株式会社コードプラス様が運営している駅データ.jpで提供しているデータを使用させていただきます。 株式会社コードプラス http://www.codeplus.co.jp/ 駅データ.jp http://www.ekidata.jp/ (データのダウンロードには無料の登録が必要です。)

提供しているデータは以下の四つに分かれております。 ・事業者データ ・路線データ ・駅データ ・接続駅データ データの詳細につきましては上記ホームページに仕様がありますので、そちらをご覧ください。

データの形式はカンマ区切り(.csv)ですが文字コードがUTF-8になっているので注意が必要です。 エクセルでUTF-8で保存されたデータを読み込むと文字化けが起きてしまいますが、 Alteryxで読み込む場合はInput DataのOptionsでCode PageをUnicode UTF-8に変更するだけで読み込めます。

Alteryxでは複雑なことはせず、ひたすらJOINするだけになります。 Stationのデータを起点にして、lineデータ、companyデータ、joinデータをくっつけます。

これで、データは完成です。

作ったファイルをTableauで可視化してみましょう。 緯度と経度を行と列に入れます。

マークを線に、詳細にline_cdを入れます。 e_sortという項目でパスをつなげます。

もう一つ行の緯度を増やして二重軸にします。

詳細にstation_cdを入れます。

なんとなく出来ている雰囲気にはなります。

とりあえず見れるようにはなりましたが、このままですと残念ながら路線の動きに不具合が出ています。 たとえば: 山手線が環状になっていない。 鶴見線がジグザグ走行している。 成田エクスプレスが複雑な動きをしている。 などなど

下のダッシュボード「路線図DB」で上記の路線を一覧からクリックしてみてください。

環状線や一つの路線で複数に枝分かれしている場合、うまくパスをつなげることが出来ていません。

続きを読む Tableauで路線図の作成

Tableau本

3月末にTableauユーザー会メンバーが執筆した 『Tableau データ分析 ~入門から実践まで~』 が刊行されました。 ユーザー会のつながりで一部コンテンツの査読にも関わりましたが非常に濃密な内容です。 前半の基本機能の説明ではユーザー視点で引っかかるポイントが丁寧に記載されています。特にところどころに出現するColumnやNoteには公式マニュアルには載らないものの知っておきたいテクニックなどが多数盛り込まれています。 中盤にはデータ分析プロジェクトの進め方等に関する記述がありますが、ここはまさに弊社のプロジェクトの中でも日々感じていることが体系的に整理されており、仮にTableauユーザーでなくても有益なコンテンツです。 社内向けの企画書作成などでも役立つシーンは多いと思います。 後半の応用編は、実践的なデータ分析の手法が丁寧に書かれています。 2014年に当ブログに投稿したRFM分析も当時は一度集計結果を元データから切り離す必要がありましたが、いまではこの本に記載のあるように、LOD関数で実現するようになりました。 最後のユーザー事例では、導入経緯や社内での取り組み方だけでなく、Tableauの足らない点などにも切り込んでいたりと、このあたりはユーザー本ならではですね。 これから本格的にTableauを使いたい、という方には特にオススメの一冊です。 amazonで買う 楽天で買う ページ数なんと700ページ超の超大作ですが、硬さのないソフトカバーなので手元で楽に扱えます。 ※タバコを吸わないので500円玉と比較してみました。 P727にはおすすめサイトとして Tableau-id も掲載いただきました。ありがとうございました。

TableauにおけるExcelのカタカナデータの読み込みエラーについて

TableauではExcelのカタカナデータをうまく読み込めないことがあります。 UCLA Bruins 例えば以下のようなExcelデータがあります。 nike pas cher ExcelのワークシートをTableauでそのまま読み込むと カタカナのみのデータがひらがなとして読み込まれてしまいます・・・ Tableau社によると、製品管理チームに対する機能要望としては上がっているそうですが、日本ローカルの問題なので後回しになっている模様です。 2014年の段階で、数多くのTableau本を執筆されているプリンシプル社の木田氏がコミュニティのIDEA欄に要望を出されています。 Nike Air Max 2017 Heren wit https://community.tableau.com/ideas/3467 ここへの賛意が多いと実装への優先度が上がるとのことですので、同じ課題を抱えていらっしゃる方はポチっとしていただければと思います。 本題に戻り、この問題に対する妥協案をTableau社からご提示いただきましたのでそちらも共有します。 Zapatillas TANJUN まず、Excelのままだとダメなので、該当するシートをテキストファイル(txtまたはcsv)で保存します。 テキストファイルを読み込んで、データソースの選択画面でプロパティを開きます。 cheap adidas uk (右クリックでも▼クリックでも) そこでロケールを日本から 英語(アメリカ合衆国)に変更します。 nike air max 90 pas cher すると・・・、あら不思議、正しく読み込まれました。 Maglie Golden State Warriors ※英語(アメリカ合衆国)以外でもうまくいく言語は多数あります。 Jonas Gray 根本的な解決策ではないですが、とりあえず妥協案ということで。

続きを読む TableauにおけるExcelのカタカナデータの読み込みエラーについて

Tableauの機能拡張

完全に受け売りネタです。 いつも参考にさせていただいているDevelopers.IOにて、先週ラスベガスで開催されたTableau Conferenceの内容が早くも共有されています。 Developers.IO – Tableau Conference 2015 at Las Vegas [基調講演レポート] Keynote: Christian Chabot and Chris Stolte 今後の機能拡張に関する記載が多数ありますが、直近に私が投稿した内容と関連するものもありましたので、私の雑感をまとめてみます。 Maglie Brooklyn Nets   ◆Data ・Union ⇒先日の投稿『Alteryxでデータの一括結合』で取り上げたばかりの内容がTableauでできるようになるようです。集積されているデータ量が膨大な場合などは引き続きTableau外で処理した方が良いかもしれませんが、使用頻度は高くなりそうです。 ・Cross Database Join ⇒これまでは、同じフォルダのCSVとか同じエクセルのシート間でしかできませんでした。これも期待大です。   ◆Visualization ・Global Post Code ⇒郵便番号をデータソースに持っておく必要がありますが、郵便番号から色塗りマップが使えるようになるそうです。 GPSなどから取得する緯度経度データを適用させる場合、緯度経度データを郵便番号に紐付ける必要があります。 San Antonio Spurs これは近日中にAlteryxで実装して投稿しようと考えています。 ・Custom Territories ⇒これは便利です。エリアの管理区分(例えば関東に山梨や新潟を含めるか、とか)は組織によって異なりますので、カスタマイズできると使いやすいですね。 ・Spatial Data ⇒シェープファイルが読めるようになります! 上の3つは空間情報処理系の機能拡張になる訳ですが、現状では以下のような課題もありますので、それらも改善されることを期待したいところです。 課題①ポリゴンデータはプライマリーデータソースになる ⇒こうなると可視化上の制約が大きくなります。ポリゴンはあくまでバックグラウンド情報であり、そこに落とし込むデータの表現が重要な訳なので、ポリゴンはセカンダリか、専用のデータソース的に持てると良いのですが。 Malcolm Butler 課題②1つのビューの中で複数フィールドの緯度経度を表現できない例えば、AさんがX店で商品を買ったというレコードには、Aさんの位置情報と、X店の位置情報の二種類の緯度経度を持ったりしますが、いまのTableauでは同時に表現できません。データソースを“うまく”加工して無理やり実装することはできないこともないですが、別の課題が出たりするのであまりお奨めはできません・・・。 いずれにせよ、空間情報処理は計算量が多く、Tableauで全て計算させようとするとパフォーマンスへの悪影響が大きいと想定されます。 Vanderbilt

続きを読む Tableauの機能拡張

浮動小数データ(および10進数データ)の取り扱い精度について(前編:Tableauの場合)

一般に何らかの数値データ処理を行うソフトでは必ず「取り扱い可能な数値範囲と精度」が存在し、それを基に各種計算処理において有効範囲や有効桁数を考慮しておく必要があります。 Air Jordan 10 Retro TableauやAlteryxにおいても当然ながら数値に関する範囲と精度の問題が存在します。 しかしながらそれぞれ本家のリファレンスマニュアルを参照してもあまり情報が掲載されておりません。そこで今回は実験を行いつつ、範囲と精度に関するお話をいたします。 先に基礎情報として、 *「浮動小数データ」(例えば”float型”とか”Double型”とか呼ばれるもの)*「10進数データ」(例えば”decimal型”と呼ばれるもの) がコンピュータ内でどのように扱われているかの話につきまして。この辺りはネット上に多数文献が存在しておりますのでそちらをご参照ください。 例)*演算誤差の正体 – IEEE 754 浮動小数点数の仕組み(日経PC21より) *固定精度の数値(IBM Knowledge Centerより) 次にTableauの場合について。Tableauオンラインヘルプより。 Nike SB Check *データ型:NUMBER

「Tableau 内の数値は、整数または浮動小数点数のいずれかです。 Canotte Los Angeles Clippers 」

10進数型のデータ形式は元々持ち合わせていません。 この辺りは設計思想によるもの(注1)と思われます。 nike tn ただ、取り扱い可能な数値範囲や、浮動小数の有効桁数については記載がありません。(注1:Tableauはその目的用途としてデータ分析・データビジュアライズに主眼を置いたソフトであり、会計処理を行うソフトではない。) そこで実際に値を入れて確認してみましょう。上記のとおり10進数型データは取り扱いされていないため、浮動小数と整数で見てみることにします。 Rueben Randle

結果として浮動小数、整数共、符号付き64bit(注2)で扱われており、 浮動小数:1.7E +/- 308 (有効桁数:15 桁) 整数:-9,223,372,036,854,775,808~9,223,372,036,854,775,807 となります。 Scarpe Air Jordan

続きを読む 浮動小数データ(および10進数データ)の取り扱い精度について(前編:Tableauの場合)

ショートカットリスト

Tableau Desktop のショートカットキーはオンラインヘルプで共有されています。 Chaussure Adidas Pas Cher http://onlinehelp.tableau.com/current/pro/online/ja-jp/help.htm#shortcut.html ですが、わかりづらい用語があったり、ショートカットで使用するキーボードのアルファベット順に並んでいたりと微妙に使いづらいので、ざっくりと用途別にExcelでA4一枚にまとめてみました。 Nike Air Max 95 damskie Tableau-Shortcut 実際に良く使うものは限られると思いますがお役に立てばということで。 Bulldog Football Jerseys   ちなみに、今回のような作表はExcelやWordで作成した方が良いと思います。 Womens Jordan Retro 13 (Tableauでもそれなりのものはできるかもしれませんが・・・) 何でもかんでも全てTableauに置き換えるというのは、そもそも無理な話で、ITツールは使い分けが肝心です。