その他お問い合わせ先

lodestar@truestar.co.jp

運営会社

株式会社truestar
truestar activation株式会社

アクションフィルターを並び替える

今回はアクションフィルターを並び替えるということでTIPSをご紹介致します。

よくあるシチュエーションとしては、画面遷移などでアクションフィルターを使用する際、 遷移先の画面でも同じフィルターを切替えて見たい(わざわざ元の画面に戻りたくない)。 そんな時はアクションフィルターをダッシュボード上に表示させれば解決!

・・・するはずが元々設定していた並び方と順番が違くて微妙。 並び替えはしてあるはずなのにどうして?

といった事態を解決するテクニックです。 それではストーリーで見ていきましょう。

サンプルで使用するデータはスーパーストアです。

 

var divElement = document.getElementById(‘viz1500951021497’); var vizElement = divElement.getElementsByTagName(‘object’)[0]; vizElement.style.width=’1020px’;vizElement.style.height=’1033px’; var scriptElement = document.createElement(‘script’); scriptElement.src = ‘https://public.tableau.com/javascripts/api/viz_v1.js’; vizElement.parentNode.insertBefore(scriptElement, vizElement);

  繰り返しにはなりますが、デメリットを挙げるとすると 並び替えの設定を複数回行う必要がある点ですが、 できるかできないかを知っておくことが実装の幅に繋がりますので 頭の片隅に置いておいて頂ければと思います。

Tomofusa.Oi

続きを読む アクションフィルターを並び替える

KPIダッシュボードサンプル改

4月19日のTableau Conference on Tour Tokyoにて 『ダッシュボードデザインの基本』 というテーマで登壇させていただきました。

その中で、KPIダッシュボードのビフォーアフターをご紹介しましたので、ファイルをTableau Publicで共有しました。

簡単な説明とともにご紹介。

 

Tableau-id上で、2014年8月にKPIダッシュボードサンプルという記事を書きましたが、 そこで公開したダッシュボードを『ビフォー』として、 デザイン観点(フォント・色・レイアウト)を意識して簡易に修正した『アフター』版、さらに コンテンツ観点(目的・情報整理・適切な可視化方法)まで加味した『アフターのアフター』版を作りました。

まず、これが『ビフォー』(※2017/04/21 誤って別のファイルを上書き保存してしまったのでver10.1で上げ直しました・・・)

var divElement = document.getElementById(‘viz1492766415867’); var vizElement = divElement.getElementsByTagName(‘object’)[0]; vizElement.style.width=’1173px’;vizElement.style.height=’896px’; var scriptElement = document.createElement(‘script’); scriptElement.src = ‘https://public.tableau.com/javascripts/api/viz_v1.js’; vizElement.parentNode.insertBefore(scriptElement, vizElement);

なかなか色がうるさいですね。無駄な枠線などもあります。数値も小さく見づらいです。

 

フォント、色、レイアウトを簡易に調整した『アフター』がこちら。

var divElement = document.getElementById(‘viz1492766350799’); var vizElement = divElement.getElementsByTagName(‘object’)[0]; vizElement.style.width=’1173px’;vizElement.style.height=’896px’; var scriptElement = document.createElement(‘script’); scriptElement.src

続きを読む KPIダッシュボードサンプル改

KPIダッシュボードサンプル

先日、とある会合でシェアしたダッシュボードが好評だったため、Publicでの公開用に Coffee Chainのサンプルデータを用いたKPIダッシュボードを実装してもらいました。

var divElement = document.getElementById(‘viz1492762532372’); var vizElement = divElement.getElementsByTagName(‘object’)[0]; vizElement.style.width=’1173px’;vizElement.style.height=’896px’; var scriptElement = document.createElement(‘script’); scriptElement.src = ‘https://public.tableau.com/javascripts/api/viz_v1.js’; vizElement.parentNode.insertBefore(scriptElement, vizElement);

※2017/04/21 誤って別のファイルを上書き保存してしまったのでver10.1で上げ直しました・・・

※サンプルデータの問題で、『売上総利益』や『売上原価』などの一部データは 当年と前年の数値が完全一致となっており、増減率が0%となっています。

実装のキーポイントは4点

①ダッシュボードなのか分析ツールなのか、その用途を明確にする ・ダッシュボードならば、印刷して1枚で概要把握できるものを心掛ける ・ユーザーがドリルダウンすることを期待すべきではない(実際ほとんどしない)

②数字とグラフをバランスよく配置する ・正確な数値を認識すべきものと、ざっくりとボリューム感や結果を俯瞰すべきものを区別する

③一段階ドリルダウンした情報までは見せる ・全体の数値(総計)+1段階のドリルダウンだけで、良否の主要因は把握できる ・加えて、ユーザーの分析マインドに火をつける(きっかけになる)

④色はシンプルに設定する ・データや用途によってはグラデーションより2色や3色で見せる方が明確に事象を把握できる (グラデーションや多色の場合、プロジェクターでのプレゼンには向かない)

参考文献 Information Dashboard Design Stephan Few著(洋書)

ちなみに、このダッシュボードを実装したスタッフは、入社してわずか2週間後に これを完成させました。 参考になるファイルさえあれば、類似したアウトプットを簡単に実装できてしまうところが Tableauの良いところでもあります。

以上です。 ご参考になれば幸いです。

続きを読む KPIダッシュボードサンプル